和の神様の前で…|ジャパニーズウェディング!荘厳な神前式でお幸せに

ジャパニーズウェディング!荘厳な神前式でお幸せに

和装の女性

和の神様の前で…

PCを見ている男女

ウェディングというのは、和洋を問わず……というか、どんな文化であれはるか昔から行われている儀式であり、そこには共通点があります。たとえばキリスト教国が多い欧米では、チャペルで神父さんに祝福され、教会で十字架の前、つまり神様の前で指輪交換などを行ってカップルが結ばれるということになります。あるいはイスラム教国が多い中東のあたりでは、やはり宗教施設であるモスクが使われて結婚式が行われているようです。というわけで、要するにウェディングとはどのような文化を持つ国でも、「神様の前でカップルが永遠に結ばれる儀式を営む」ということには違いがないといえるでしょう。

神前式の場合も、それは同じです……というか、神前式の場合は名前がそもそも「神の前の式」です。
神社という日本の神様がいらっしゃる場で、神主さんが仲介役となってカップルが結ばれる、という儀式になっているのです。
チャペルで神父さんが登場するように神前式では神主さんが現れ、チャペルでふたりの愛を誓い合うための指輪交換が行われるように、神前式では三々九度といってカップルが清酒を飲むという儀式が行われます。ちなみに最近では「指輪交換の儀」として、チャペルでもおこなわれている結婚指輪の交換を行うという儀式ができる神社もあるようです。
「挙式OK」の神社はたいていの場合、ホームページを持っており電話予約やネット予約が可能になっています。
「ぜひ神前式で幸せになりたいわ!」という人は、そのような神社を探してみましょう。